CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
sofa's room
まさすけの海
RECOMMEND
フレイヴァー・ボッサ・ケース
フレイヴァー・ボッサ・ケース (JUGEMレビュー »)
オムニバス,タンジェリン,アボカド・ブルー,クランベリー・アイランド,ベルテンポ
LINKS
・゜゜・。☆・゜゜・。
OTHERS


SPONSORED LINKS

〜空と糸と小さなたまご〜

「刺し子」チクチク、いまサボっています(-_-;)
刺し子・好きなこと・いろいろを ちくちくと綴っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
花ふきん12枚目 『麻の葉』

花ふきん12 

刺しっぱなしでお洗濯してないうちに撮りました。『麻の葉』もようです。

プレゼント用にしたいなと、急遽 思い立って刺したのがこの『麻の葉』
古典柄の中でも、刺し子の代表的な柄がいいなと思って選びました。

途中までグリーン系ミックスの糸を使っていたのですが、色は綺麗なんだけどなんだかしっくりこない。。。 ということで、夏なので涼しい水色を使ってみました。
ちょっと前にsachikovskyさんが作られた麻の葉の花ふきん がとっても涼しそうで綺麗だったのもあります^^ まねっこしちゃってごめんなさいm(_ _)m
そして、ありがとうがざいます!

花ふきん12 
 



 糸が交差するところが浮き上がって
 見えて、水色のせいか それが
 波紋のようで いっそう涼しく
 思えます。
 
 麻のなんだけど、私の中では水辺の
 イメージもあるかな。

 (・・・刺しっぱなしだから波打ってるのかな?)

 


この花ふきんは、あわてて糸をかえたこともあって ほどいて・また刺して となってしまったので完成も予定より遅れてしまって、仙台に向かうまでもまわりの枠部分をちくちくしていました。刺し子って、布と針と糸があればちくちくできるんだなと気が付き、ちくちくの場所が広がるかな?なんてときめきながら出来上がり。
結局は、お洗濯もしてないし、刺しっぱなしではあげられないなと思い、
友達には予めおめかしさせて用意しておいた花ふきんをプレゼント。

いろんな色を使っても塗り絵みたいで楽しいけれど
一色ですっきりと刺すのも綺麗なんだなあと改めて思います。


『麻の葉』も、解いて刺して手が慣れた分、刺しやすく思えたし
模様もきれいで「気に入りました」の柄になりました♪


『麻の葉』と夏のおでかけ

  


| 糸 - - - 刺し子 - - - | 10:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
花ふきん11枚目 『角十字つなぎ』

春に作って、「きにいりました!」となったこの『角十字つなぎ』。
スイスイとは縫えないけれど、大好きな柄のひとつです。

花ふきん11 

今回は、_| ̄|_  ←このラインのは春に作ったものと同じ色の糸を使っていますが、中の□小さな四角には赤ではなく、涼しい色を使ってみました。

ずいぶん印象がかわります。

花ふきん11 

後から縫ったほうが控えめでやさしい感じ。。。


せっかくなので、前回の角十字つなぎとならべてみました。
花ふきん11 




刺し子をはじめて、そろそろ半年。
縫っていて、コツが分かってきてるのかな?と自分で嬉しくなったりすることもあります♪
この『角十字つなぎ』、3針毎にクランクになっていて一気に縫えない(進まない)との感じた柄ですが、だいぶなれてきたせいか比較的短時間で出来ました。

またこの柄を刺す時は、使う色をもっと少なくしてみようかな。
模様だけでなく、色使いやちょっとした違いでもずいぶん表情が変わってきて。。。
新しい素敵な組合せが見つかったとき、また嬉しくなるんですね。きっと^^



| 糸 - - - 刺し子 - - - | 16:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
憧れの一目刺し

いま、刺し子でものすごくやってみたいもの。
それは『一目刺し』。

今ちくちくしているのは、なみ縫いで模様をなぞっていくものですが
『一目刺し』は、一定の大きさの目で縫った直線縦横斜め線の組合せで柄を作る
というものです。

これは、ほんとうに!

模様ができていく過程を知ると、どうしてこんな素敵な模様を作り出せたのかなと、
昔の人とそのアイディアにはものすごく感動してしまいます。

運針で何本もの横線が縫われたところに縦線が重なると模様が浮かび上がってくる。。。
昔の人の『魔法』と言っても良いのではないでしょうか?

この記事は、ちょうど先月書きかけていたのもですが、その頃!
刺し子作品を見せてもらいによくお邪魔している刺し子市場さんさお梨さんが一目刺しの作品を作っていて、さらに想いは募りました。

…まだ一度も自分で図案を引いたことのない私にできるのかしら(ゴクリ)
最初の難関は「基本となるマス目をひく」なんだと思っています。
無地の晒は用意しました。
あとは、うにゃうにゃ言ってないで、えい!まずは手を動かしてみようかなっ!

私の周りで、仲良くしてくれている人や憧れている人たちがこの7月に新しい大きな一歩を踏み出しているのを見て、なんとなく7月のうちに取り掛かりたいなと思って決意表明のように書いてみましたが、今のふきんを縫い終えて。。。 (ひーふーみー… 指を折ってみる)
7月のうちにできるかな?汗

続きを読む >>


| 糸 - - - 刺し子 - - - | 17:10 | comments(6) | trackbacks(0) |
『ちくちく運針 刺し子の本』

先日、手芸屋さんを覗いたときに見つけた この本!
図案も、すでに持っている本に同じもの・同じようなものは載っているので
一時はグッ と我慢したものの…

色使いなんかがとっても可愛くって 我慢しきれずに買ってしまいました!

刺し子の本
ちくちく運針刺し子の本

表紙の赤もかわいくて、さらに中身の作品たち。。。
うーん、なんて可愛いのかしら。

柄は昔からの「古典柄」が殆どなのですが、
古さなどまったく感じさせず、むしろ新鮮でカワイイ!

でも、「カワイイ♪」だけじゃなくて、
刺し子が生まれた時代の「布を大切に」や「寒さを防ぐ」という本来の意味。
今の私たちは本来の意味からちょっと離れているけれど、
そういう気持ちもちゃんと大切にしないといけないんだよね。
と、そんなふうにも思った一冊でした。

6月はお出かけが多かったのと、
ついこの本をうっとり眺めてしまってなかなか針が進みませんでしたが
この本の中から是非☆ 可愛らしい作品をなにか作ってみたいと思っています。


| 糸 - - - 刺し子 - - - | 19:03 | comments(8) | trackbacks(0) |
花ふきん10枚目 紗綾型

花ふきん10

私のちくちく花ふきんも10枚目となりました。
10枚目を記念して…!というわけではないのですが、
憧れの「紺地に白」。
私にとっては「これぞ刺し子!」という組合せに挑戦してみました。

伝統柄のひとつ、紗綾型です。
これも一筆書きのように縫っていけるので
思っていたよりスムーズに縫えたような気がします。

それと!

紺色の布に縫っているというだけなんですけど、
な〜んか上手に出来てるような気がするんですよね(笑)
美しく見える組合せなのかなあ。
不思議です^^

今回は、外枠と 一箇所だけ 赤を使ってみました。

花ふきん10

以前図書館で借りた本なのでいま手元にはないのですが、
沙綾型の卍になる部分が色違いで刺してあって、
あれは白地に紺か黒の糸で刺して、卍のアクセントはやっぱり赤でした。
それがとっても可愛かったんです。
いっこだけ、そのまねっこです(^^ヾ

いっぱい入れても良かったかもしれないけど、わたしにはちょうどいいくらい、かな?





| 糸 - - - 刺し子 - - - | 18:57 | comments(6) | trackbacks(0) |
花ふきん 9枚目

5月の中頃からは、好きな柄のひとつになった『六角つみ木』を縫っていました。
暦の上では夏が来て、暑いなと思う日が多くなったこの頃。
そのせいか、自然と涼しい感じの青や緑の糸を選んでのチクチク。
ひんやり系の色で作った形は氷みたい。
うん、今回のイメージは『氷』です。

花ふきん9


涼しく、涼しく。。。
そんな思いが天に届いたのでしょうか?
暑い日が続いていたのに、これが出来上がった次の日(昨日)は雨降で肌寒く、ちょっぴりサミシイ気持ちでした。

そんなサミシイ気持ちを吹き飛ばすべく、
いっこだけ入れたピンク系の糸は氷イチゴのつもり♪

花ふきん9


まだ糸の始末をしていない裏側はこんな感じ。
ちょっと遊びがあってこのままでも面白いかなぁ、なんて思っています。
でも使いにくいかな?

花ふきん9


今日は一変して晴れ!のお天気。また暑くなりそうです。


| 糸 - - - 刺し子 - - - | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
花ふきん 8枚目

縫い始めてから間があいてしまいましたが、今週ようやくできあがりました。
8枚目の花ふきんです。

花ふきん8

どんな色にしようか あれこれ首を傾げ、元気色の黄色い糸を使ってまず布巾のを横断してみました。
こうして出来上がった模様をみると、丸い模様あるいはお花模様に見えますが、模様を作っているのは‘なみなみ’の線です。‘なみなみ線’一本一本が交差しあって模様が出来ていきます。(いつか縫っている途中の事も書きたいと思っています)
一本、また一本と‘なみなみ線’を縫っていくうちに、お花模様ができていくのを見て
一色じゃなくてもうひとつ違う色を… と思い、前回とても気に入った「まめ色」の黄緑色を使いました。

イメージは菜の花です♪

花ふきん8菜の花

ちなみに、この菜の花は…
続きを読む >>


| 糸 - - - 刺し子 - - - | 11:39 | comments(2) | - |
刺し始め と 刺し終わり

刺し始め と 刺し終わり

連休のあたりから少しずつチクチクを再開していました。

きのう、花ふきん1枚模様を刺し終えたところで糸の始末をしましたが、
ちょっと上達したつもりでも気になるのは「刺し始め」と「刺し終わり」です。
今のところ専らふきんばかり縫っているので、なんとな〜く裏面も気になってしまいます。

まあ、ふきんは使うものだし、きれいに作っても使っているうちにほつれる事もあるかもね?なんて思いながらも
どうせなら綺麗に縫いたいと欲張ってしまうんですね。

私の場合、はじめ「かぶせ縫い」ができていたつもりでしたが、重ねる目と同じ大きさで縫い目をかぶせたので重なった部分がクッキリと強調されてしまい目立って見えてとても気になりました。刺し子の本にも簡単に説明が書いてありますが、重ねるとき下になる目をちょっと小さくしてあげるだけで重ねた部は結構綺麗になります。
それから、糸を切るときもそう。
長めに残しておいた糸を、2mmくらいのところで切るといいようです。私はギリギリのところで切っていたのですが、「遊び」がなくて抑えが効かないと、糸が飛び出してくるので、これもナルホド!と思いました。
こういう、ちょっとしたことなのですが、こんなことを気をつけてあげると綺麗にできるんだ!という事にちょっと感動。
ガサツ(←私)はいけません。。。

そう、でも前より綺麗にできてるつもりでも、やっぱり糸をチョキンと切るときに「むう〜?」となってしまいます。
私はイロイロやりたがるものの、器用ではない事に気づいてしまったので(笑) あとはやっぱり慣れなのかな〜。と自分に言い聞かせ上達を夢見ています^_^;
まずは楽しみながら、ガンバルゾー!


| 糸 - - - 刺し子 - - - | 21:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
花ふきん 7枚目(花ざし)

駆け足気味で今までの花ふきんを載せてきましたが、
ようやく追いつきました☆
今週できあがったものです。今までの中で一番速く仕上がったかも。

7枚目の花ふきん『花ざし』です。
(オリムパスにも『花刺し』という柄がありますが、また違う柄ですね。どちらも可愛いです)


花ふきん7


これは縫っていて楽しかったです♪

今回、縁の部分だけですが、初めて糸を二本取りにして縫ってみました。
「二本とりで刺したほうがいいやろなあ」(ここの『おばあちゃんの刺し子話』より)
っていうのを見て、ずっと気になっていたんです(笑)
二本取りにした分、当然使う糸は太くなるのできつくてスイスイとはいきませんでしたが、
どうかな、ちょっとクッキリ見えてるかな?あんまり分かんないな(笑)

縫い始めるとき、縦横の直線はいらないかなぁ。。。なんて思ったのですが、せっかく柄を書いてくれているのだから めんどくさがらず縫ってみようと思い直し、薄い色を選んで縫ってみました。このとき、曲線はミックスの糸を使おうと決めていたのですが、ちょっと迷って「まめ色」の黄緑色をチョイス。これも私的には大当たり☆

お気に入りの一枚になりました〜♪

花ふきん7  花ふきん7


| 糸 - - - 刺し子 - - - | 16:45 | comments(0) | - |
花ふきん 6枚目(梅紋)

気分をかえて選んでみたのが、この柄『梅紋』 。

花ふきん6

これもちょっと迷ったり冒険したりの一枚でした。
プリントしてある縫い目が、なにかの具合でちょっと飛んでしまって間隔が均一でないところがありまして、チクチクと針を進めては「足りない」とか「目が大きかった」とかで針を戻してみたり。

今はプリントしてある縫い目のとおり進んでいるだけですが、これからちょっと腕が上がって自分で図案を書いたときは縫い目のバランスやなんかも自分で調節しないといけないんですよね?
出来るのかなぁ。。。と、ちょっぴり不安になりながらチクチクしてました。

そして、冒険というか、ズルというか、
花粉のトコロの小さな○マルをつくるのが難しそうに見えたので、そう!遊びゴコロです!遊びゴコロでチクチク縫い目を見せずに刺繍っぽくしてみました。
花ふきん6

これも、マルをひとつ作った後、布巾として使うには邪魔かしら?どうかしら?とも思ったのですが、けっこうカワイクみえるからいいか?って事にしちゃいました☆



| 糸 - - - 刺し子 - - - | 16:39 | comments(2) | trackbacks(0) |