CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
sofa's room
まさすけの海
RECOMMEND
フレイヴァー・ボッサ・ケース
フレイヴァー・ボッサ・ケース (JUGEMレビュー »)
オムニバス,タンジェリン,アボカド・ブルー,クランベリー・アイランド,ベルテンポ
LINKS
・゜゜・。☆・゜゜・。
OTHERS


SPONSORED LINKS

〜空と糸と小さなたまご〜

「刺し子」チクチク、いまサボっています(-_-;)
刺し子・好きなこと・いろいろを ちくちくと綴っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
白い小さなあの花へ

男 野原の可憐な花を見て、はにかみながら『民さんは、この花のような人だ』

男 『・・・・なんて、花なんでしょうねぇ、これ。。。』

女 「(笑顔で嬉しそうに)ヘクソカズラです」

男 『へクソ・・・?』

男はちょっぴり気まずそうにうつむく。女は嬉しそうにうつむく。


昔みたこのドラマ。
詐欺師(だったと思う)の男を演じたのは小林薫さん。
都会から田舎に来て、なにか企んでいる過程で民さんに近づき、いいカンジになって。。。
そこででてくるのが、このシーン。野菊の墓の、あのシーンのパロディなんでしょうね。

小学生くらいの頃で、しかも2時間ドラマ再放送のものだったような気がするので、どのドラマってはっきり出てこないけど、このシーンは今でも強烈に覚えています。
実際にそんな名前があるのかと驚きましたが(しかも本当にあるし)、白くて小さくて可憐な花なんだけど「ヘクソカズラ」なんて可哀想な名前の花らしい、という事はなんとなくわかりました。

そんなヘクソカズラが、ちかくに咲いていたのを発見。  

白くて小さい可憐な花、君の名は。。。
 調べてみたら、
 別名に『サオトメバナ』、

 お灸を据えた跡のようなので
 『灸花(ヤイトバナ)』 』

 なんてのもありました。

 かわいらしい見た目に似合うような名前
 もあるのに、それすらもかすんでしまう
 ほどだなんて、よほど強烈なニオイな
 の かな(^_^:)




別名「サオトメバナ」



     今日からは
         「早乙女花」と 呼んであげよう。

続きを読む >>


| | 16:45 | comments(2) | trackbacks(7) |
うるいの花

    ※6月11日の『花ふきん10枚目 紗綾型』
     間違えて『沙綾型』と書いていたので直しました〜汗
 
 down ここから『うるいの花』です down

我が家のお台所の窓からは
毎年今頃の季節になるとサツキ・紫陽花などの花を眺めることが出来ます。
そんな中、
いままでは気づかなかったのか、それとも大きくなって花が咲くようになったのか?
紫陽花の隣に、少し前から『うるい』が花を咲かせていました。

うるい
 ウルイ
(別名:オオバギボウシ、コバギボウシ、ユリッパ、ヤマカンピョウ)

すうっ と背の高い薄い紫色の花がとっても綺麗。

うるい

「うるい」ってあまり食べないんですが、
おひたし・ゴマあえ・浅漬け、炒め物や煮物・てんぷらからお味噌汁まで
幅広く活躍される方だという事を知りました。
花が咲いてるし、今年はもう遅いかな?
来年は、もっと「うるい」と仲良くなろうかな、と思っています。


(じゅるる)←よだれ




| | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベリーを摘んだらダンスをしよう

いちご

うちのイチゴたちです。
お店に出回る時期はとっくに過ぎてしまいましたが、
福島の気候だと、これが自然な時期のようです。

このイチゴたち、
先月のちょうど今頃はまだ赤ちゃんだったり生まれてなかったりだったんですよ^^ 

いちご いちご いちご

ほら、大きくなったでしょう。

いちご摘み

まだちょっぴり酸っぱかったり、甘いけど小さかったり。
ほったらかしなので、カタチもお店に出てるのみたいに綺麗じゃありませんけど
どれもツヤツヤ元気でかわいらしいです♪

続きを読む >>


| | 18:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
なんのはな?

土曜日の事です。

菜の花の写真を撮りたい。

と言うと、畑に行ってみるよう母に言われました。
うちに菜の花なんてあったかしらね?なんて思いながらも
散歩がてら てくてく歩いていくと一列に並ぶ黄色い花が。
はくさい
でもこれ、菜の花じゃないんですよね。

白菜。白菜の花なんです。

白菜というと、あの白くて緑で(←どんな表現だ)まるっこい美味しい株の部分。でもそれをとらずにそのままにしておくと、こんなに綺麗な花を咲かせます。
下のほうに、白菜だった名残がみえるはずなのですが、ちょっと分かりにくいかな。
はくさいはくさい


菜の花より丸っこくて可愛いなと思いました^^
はくさい

普通に食べてるお野菜も、野菜そのものイメージが強くて ジャガイモはジャガイモ、大根は大根。白菜は白菜。っていうふうにしか思わないけど(あたりまえですけど)どれもみんな綺麗な花を咲かせます。そういうのも、せっかく畑が近くにあるんだからよく見ておこうと思った散歩道でした。



| | 20:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
こんな春も

つくし

ちいさな春。
ふとした所にも、春が顔を出しています。

つくしも可愛らしいです♪


| | 10:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
たいへんよく咲きました◎

桃の花が咲きました!

桃の枝1

こちら福島ではけして珍しい風景ではありません。
今の時期あちこちの桃畑で花が咲き、生活にとけこんでいる春の花のひとつです。

でも、これはまた特別・『頑張った桃の花』なんです☆

生活にとけこんでいる身近な花、ですが、
桃畑の桃の木は あたりまえですが実をつけさせるための畑の木ですので
剪定作業が行われます。私は単純に栄養が行き渡るように枝を少なくしてるのかと思っていたんですが、より良い実をつけさせるために、日当たりを悪くしてしまう場所の枝・病気の枝などを切り落としているのだそう。それから、管理しやすいように同じ形に整えるという意味もあるのだそうです。そういえば桃畑の桃の木って、みんなY字でした。自然に同じ形になる訳じゃなかったんですよ〜(笑)

私の家は桃農家ではありませんが、父の趣味・野菜作りの延長で桃の木も何本か植えてあります。美味しい桃がなるように、我が家でも(知らないうちに)桃の枝の剪定作業が行われていました。※剪定はほうとうは木が休眠している冬のうちに行う作業です。

我が家の場合、剪定した枝は行き場もなく、ひょっとしたら棄てられていたかもしれないところだったようですが、花好きの母が枝をまとめて水にさしておいてくれました。
そして。。。
 。
 。
桃の枝2

庭先の 良く見える場所に桃の枝が登場してから数日。
春の暖かさも手伝って、つぼみは日ごとに大きくなり きれいな花が咲きました!

桃の枝3

一旦切られてしまった枝ですが、こんなに元気に、こんなに綺麗に花を咲かせて
「痛みに耐えて、良く頑張った!」と言ってあげたい気持ちです!
(あれ?どこかで聞いたたような。。。^^)




…剪定された桃の枝、
桃農家さんでは状態の良い枝はお花用として出荷しているようです。
病気だったり、状態の悪い枝であってもただ処分せずに堆肥にして使うというところもあるようです。無駄なものを切って棄てちゃうのかなと思っていたけれど、無駄なんてとんでもない。それぞれがちゃんと頑張っていることを知り、ここでもなんとなくホッとしたのでした。


| | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |